2006年11月09日

キューバ ラテン音楽

DSC00098.JPG

とあるビアホールに立寄った。そばで女性歌手がルンバのリズムに乗って歌っている。ふと目を後ろにやるとCDショップがあった。
そこでソン、ボレロ、ルンバ、マンボ、サルサなど地元の代表的演奏のCDを一枚ずつ買った。値段は一枚平均20ドル位だ。
ところが自宅に持ち帰って聴いてみると全くの期待はずれ。我々の聴いているキューバンリズムは欧米流に編成されたバンドで欧米人好みの演奏であるが、彼等の演奏はもっと泥臭い。従ってすへて歌が入っている。考えてみれば無理も無い。
なぜなら日本で歌の無い「さんさ時雨」「八木節」を要求する様なものである。
posted by Goro at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ バラディーロにて 

DSC00128.JPG

避暑地バラディーロでの昼食の時である。ここは以前アメリカのデュポン化成社長の別荘だった所で眺めが良い。地元の料理コングリスを食べていると、例によってギター、ボンゴ、マラカスを携えて3人の楽士が現れた。何曲か歌った後に我々のリクエストにも応じてくれた。ここでチップの相場は1曲1ドル。
ともかく彼らを喜ばすには、チップ以外では拍手、喝采が一番と一生懸命手を叩いた。すると私のところにやって来て、「有難う御座います。私達のCDを買ってください」 しまった!拍手は控えめにするんだった。
でも、このCD価格は10ドル、市価の半額である。これも自宅に持ち帰って聴いた。
ところが このCDステレオの左側からしか音が出ない。もう10ドル出すと両方のスピーカーから音が出るのかもしれない。
posted by Goro at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2006年11月10日

キューバ 支倉常長像建立

DSC00112.JPG

今回の旅の目的は「ハバナに支倉常長像を建立し、その除幕式に出席するため」が大義名分だった。それで式典が夕方から夜にかけて行われた。
式典は和洋折衷で初めにスペイン語の挨拶、次いで日本語の挨拶の順で続けられた。
支倉常長は伊達政宗の命を受け 1613年にキリスト教の布教を保証し貿易を促進するためにローマに向かった。その時にメキシコのアカプルコとキューバを経由した。アカプルコにも同様に支倉常長像がある。
posted by Goro at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ 支倉常長 ご一行様

DSC00105.JPG

伊達藩に所縁のある人達は この様な裃姿の殿様スタイルで参加した。
殿様の後ろを ぞろぞろついて行った私たちまでジロジロ見られた。(仕方ないか 家来だもの)
posted by Goro at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ 支倉常長像 浦安の舞

DSC00114.JPG

支倉常長像の除幕式で日本語の挨拶に続いて、仙台大崎八幡神社の神主の祝詞奏上、続いて二人の巫女さんが お神楽「浦安の舞」を奉奏した。
椰子の葉と巫女さんの姿がとても対照的だった。
posted by Goro at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ 支倉常長像

DSC00117.JPG

支倉常長像の除幕式は午後9時ごろ終了した。けれども この時刻でもキューバでは未だ宵の口だとか。亜熱帯地方では、昼の暑い時間帯より凌ぎやすいのかもしれない。
posted by Goro at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2006年11月11日

キューバ 夜明け

DSC00121.JPG

キューバを離れるときが来た。その日は朝早く目がさめた。
部屋のカーテンを開けると丁度日の出の時間だった。

posted by Goro at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ 国際空港

DSC00146.JPG

キューバ国際空港は革命家の名前をとって「ホセ・マルチン国際空港」といっている。見たところあまり乗降客の数は多くない。
年間の観光客数は160万人で、そのうち日本人は1万人だとか。
posted by Goro at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ 国際空港 滑走路

DSC00144.JPG


この国際空港にはあまり大きい旅客機はない。
アメリカを除くカリブ海周辺に行く便だけと思われる。

posted by Goro at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2006年11月12日

メキシコ ユカタン半島

DSC00154.JPG

キューバを8時頃出発して、2時間半のフライトでカンクーンに到着した。写真はメキシコ航空のB727よりユカタン半島を撮影したもので半島の先端がカンクーン市街である。
posted by Goro at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ カンクーンへ

DSC00163.JPG

空港からホテルまでは一本道路で潅木の緑地を突き進んでいく。
この潅木の林を開墾したら良い農地になるのに、と考えるのは私の猿知恵だろうか。
どうやら地質に問題があるらしい。
この辺の地層はかなり古い。昔 恐竜が繁栄した時代に、巨大な隕石が地球に落下して天変地異が起こり恐竜が滅亡したという。その隕石が落ちたのがユカタン半島の近くだったとのこと。



posted by Goro at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ チェチェンイッツァ

DSC00164.JPG

ユカタン半島にはマヤの遺跡が沢山ある。その中の一つチェチェンイッツァを訪ねた。マヤは既に10世紀頃から天文学が発達していて、その頃から天空の観察をしていた。
写真は天文台の跡である。
posted by Goro at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ 遺跡ガイド

DSC00199.JPG

カンクーンのガイドは浅野まりえさん 千葉県出身の人だ。まだ学校を出て6年目とかで、彼女は「治安が良くて、暖かいところで、給料の良いところ」を条件に職を探してカンクーンへ来てしまったという。毎月の生活費は7,8万円位と言っていたが、収入の方は勿論マル秘。でも現地でマンションを買う気になっているから凄い。
posted by Goro at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2006年11月13日

メキシコ チェチェン・イッツア

DSC00166.JPG

チェチェン・イッツアの遺跡を見学している時、一羽の鳥が木にとまった。
見ると 尾が長く先端に小さな羽毛が生えている。この鳥 携帯電話を持っているのかと思ったが、そうでもない。マヤの神様のお使いかも知れない。
写真が逆光で色が分らないが、ご存知の人はご一報ください。

posted by Goro at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ 神殿外壁の模様

DSC00167.JPG
石造りの神殿にはマヤ独特の模様が彫られている。
posted by Goro at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ マヤの神殿

DSC00169.JPG

「うわーっ!凄いな!」「でも疲れた。座って見よう。」 日本からの観光客ご一同様。
posted by Goro at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ 遺跡のトカゲ

DSC00170.JPG

遺跡見学の最中に大きなトカゲを見つけた。体長70センチ位か。
posted by Goro at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ USAからの観光客

DSC00171.JPG
USAとヨーロッパからの観光客は多い。USAからの観光客は軽装、ヨーロッパからの観光客はそれなりに、日本からの観光客は観光客とすぐ分る様な格好をしている。例えばカメラをぶら下げていたり、、、あっ! 私もだ。
posted by Goro at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2006年11月14日

メキシコ ピラミット

DSC00178.JPG


ユカタン半島には沢山の遺跡があるが マヤ文明の代表的な建造物の一つはピラミットである。
高さ40m、この階段を上るにはある程度 心肺能力が必要だ。
posted by Goro at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

メキシコ ピラミットの上

DSC00177.JPG

ピラミットに登るのは大変だが、その分眺めは最高だ。
下を見るとゾーッ!
posted by Goro at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記