2007年04月02日

オーストリア インスブルック 黄金の小屋根 

fDSC_0015s-.jpg


写真正面の建物”黄金の小屋根”はチロル領主となったマクシミリアン1世の専用桟敷席として1500年に造られた。
広場で行われる騎士の馬上試合や舞踏会を閲覧するための、いわばロイヤル・ボックスである。
屋根は金箔で施された2657枚の銅板で葺かれている。
建物内部はマクシミリアン博物館である。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3638306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック