2007年03月04日

ドイツ ミュンヘン 新市庁舎B

fDSC_0032s-.jpg


新市庁舎で有名なのは塔の仕掛時計である。
基本的には毎日11時、12時、17時から約10分間動くとのこと。
仕掛時計が演じるドラマは,1568年に行われたバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン公女レナーテとの結婚式を再現したもの。
(写真撮影 富澤巌氏)



posted by Goro at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3469831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック