2006年12月01日

スペイン タラゴナの水道橋

aDSC00060.JPG


バルセロナを後にしてバレンシアに向かった。約4時間かかるというので着く頃は日没だ。途中に「タラゴナの水道橋」があるので立寄った。
すでに1800年も前に煉瓦とセメントを使ってアーチ形式をふんだんに取り入れた土木建築技術は他の追随を許さぬローマ独自のものだ。コロセウム、大浴場、軍用道路、水道などの建造物にローマ人の素晴らしい独創性を見ることができる。
この遺跡が未だに朽廃しないで残っているのだから驚きだ。
この後も立派な水道橋がアンダルシアで見られた。
posted by Goro at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1884261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック