2008年08月13日

ペルー ナスカの地上絵 猿 

CIMG0820s-.jpg

この絵は「猿」、その下に何本かの平行線が引かれているが、何を意味しているか分からない。

「ナスカの地上絵」は、盆地の暗赤褐色の岩を特定の場所だけ幅1m〜2m、深さ20〜30cm程度取り除き、深層の酸化していない明るい色の岩石を露出させることによって描かれている。
規模によってはもっと広く深い線で構成されている。
地上絵の線は最初に線の中心から外側へ暗赤褐色の岩、砂、砂利を積み上げる、それから線の中心部分に少し残った暗赤褐色の砂や砂利も取り除いて明瞭になるようにしたと推察される。
(写真撮影 大作実氏)
posted by Goro at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17933672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック