2008年08月07日

ペルー チチカカ湖 隣の島でU

DSC01048xs-.jpg

眠いコンドルを起こして翼を広げてもらった。
羽の両端まで2mはあるようだ。
一般にコンドルの大きさは、クチバシから尾の先までがおよそ1.2m、両翼の端から端の長さがおよそ3mで、10kg以上になるというから、やはりこの鳥は幼鳥なのだろう。
コンドルは翼長ではもっと大きい鳥もあるが、翼の幅が極端に大きく、翼の面積がたいへん広くなっている。
これは上昇気流に乗って空高く舞い上がるのに適しているのだ。


posted by Goro at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17702045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック