2008年08月02日

ペルー チチカカ湖U

DSC01026s-.jpg

湖岸にはトトラという葦が繁茂している。
この湖の大きさは琵琶湖の12倍だというから驚く。
チチカカ湖の島々やその周辺には、ケチュア族やアイマラ族、ウル族といった、先住民系の民族が居住しており、沿岸の都市部での就労の他、島では農耕や漁業、観光などに携わって生計をたてて暮らしている。
1998年8月にボリビア側の領域8000km2がラムサール条約登録地となったが、ペルー側は登録されてないらしい。
また、この湖にはチリとの戦争で海を失い、内陸国となったボリビアの海軍基地があるとのこと。

posted by Goro at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17530630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック