2008年07月31日

ペルー アンデス高原の旅 シルスタニ遺跡V

CIMG0764s-.jpg

チュルパ(石塔)の反対側 石が精巧に積まれている様子と崩壊した石の加工のあとがよく分かる。
東側に小さな窓があり、冬至(6月21日)になると窓にきっちりと太陽が差し込む様になっているという。
(写真撮影 大作実氏)
posted by Goro at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17456254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック