2008年07月30日

ペルー アンデス高原の旅 プーノへ向かってV

DSC01008s-.jpg

バスはひたすら高原を走った。
すると数軒の家並がある小さな村を通過した。
入口に「ようこそプカラヘ」と看板に書いてあった。
ところがこの村のはずれにも遺跡が有ることが後で分かった。

プカラは、現在のペルー、チチカカ湖北岸に紀元前200年ころから紀元後200年ころまで栄えた。
神殿あとのような石組み、方形の半地下式の広場を持つ建造物がプカラ村の奥に残っているという。
それにしても今の小さな村プカラからは、昔のプカラ時代のことが私のイメージでは繋がらない質素な外観だ。
posted by Goro at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17432147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック