2008年07月08日

ペルー クスコ インカの都V

DSC00871s-.jpg

アルマス広場の南側にラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会がある。
かってワイナ・カパックの宮殿があった場所に建てられた。
いまある教会は1650年の地震のあとに再建されたものだ。
十六世紀、スペイン軍がクスコを侵略、インカは屈してしまう。
スペイン人は、既存の建物を壊し、この街に住宅や教会を建てた。
それらの建築は、インカの緻密で精巧な石組みの上に建てられており、こうしてインカとコロニアル建築の融和した街が出来上がった。
それがユネスコ世界遺産にも指定されているクスコの街だ。
クスコはたびたび大地震に襲われたが、そのときスペインの建てた建造物は壊れても、インカの石組みはびくともしなかったという。

posted by Goro at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16734911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック