2008年07月07日

ペルー クスコ インカの都U

DSC00869s-.jpg

ここは街の中心のアルマス広場。
スペイン式の町作りは、まず中心にアルマス広場をおくことから始まった。
インカ帝国の町作りも広場が中心だった。
インカ帝国時代にはアルマス広場は神聖な場所で、広場の土はインカが征服した町に印としてまかれ、代わりに300km以上離れた海岸の砂がここに敷き詰められていたという。
さらに広場には金銀でできた像が幾つも建っていた。
現在のアルマス広場はカテドラル、教会、レストラン、土産店、観光案内所が集まる観光の中心で、ここから見上げるクスコの家並みも美しい。
posted by Goro at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16707793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック