2008年07月04日

ペルー リマ パチャカマ遺跡

DSC00851s-.jpg

リマからパンアメリカン・ハイウェイを南へ30km行った海岸近くにパチャカマ遺跡がある。
パチャカマ文化はAD600年ごろにペルー中央海岸地帯に発生した文化である。
後にここを征服したインカによってパチャ(天地)カマ(創造者)と名づけられた。
遺跡は宗教色が濃く、都市と言うよりはパチャカマ神を信仰する民族の祭祀行事に使われた神殿であったとされている。
15世紀にインカに占領されたが、インカ帝国はパチャカマ信仰を禁止せずに新たに太陽の神殿、月の神殿を建ててパチャカマと共に祀った。
1563年にスペイン人の征服者が侵入して、砂漠の中に眠る廃墟と化してしまった。


posted by Goro at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16614900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック