2006年11月06日

キューバ モロ要塞

DSC00082.JPG

16世紀のハバナは新大陸貿易の中継基地であった。インカ帝国の金、ペルーの銀はハバナを経由してイスパニアに齎された。さらに18世紀に入って奴隷貿易ではアフリカからハバナ経由で新大陸の各地に運ばれた。
そのために それらの積荷を略奪する海賊も横行した。
ハバナ湾の入口には「モロ要塞」という当時の要塞がある。丁度 旧市街の対岸に有り大砲が据え付けられている。
この大砲 当時の最新型であるが、対岸までやっと砲弾が届く射程だったとか。
posted by Goro at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1658798

この記事へのトラックバック