2006年11月04日

キューバ 長い航空路

DSC13s-.jpg


成田からヒューストンまで13時間、ヒューストンからメキシコシティまで2時間半、メキシコシティからハバナまで2時間半、合計18時間。この時間はかなりきつい。
特に13時間のフライトは身に沁みる。機内では時差の関係で日常生活より短い間隔で食事が提供され、その上睡眠も十分取れる。けれどもトイレ以外は座ったままで運動は出来ない。当然体重は増加する。それが往復である。
まるで養鶏場のブロイラーそっくり、、、でも、以前の航空機より優れた点は液晶パネルが発達したお陰で、座席の背中に液晶パネルが有り航空機の現在位置、高度、出発地および目的地の時刻、到着までの時間が表示されていることである。
これだけの情報提供でも乗客は安心するものである。
ちなみに機種はB-777の新車?だった。この機の特徴は燃費がいいこと、そのために長時間のフライトが出来るとのこと。(ある意味で有難迷惑)


posted by Goro at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1647097

この記事へのトラックバック