2008年07月19日

ペルー マチュピチュ 段々畑

CIMG0717s-.jpg

マチュピチュの遺跡の横はかなり急な斜面でも段々畑になっている。
この畑ではジャガイモ、トウモロコシ、ユカ、キノア、コカなどのアンデス原産の農作物が栽培されていた。
数千人がこの都市で暮らしていたとされているので、必要なものだったのだろう。
この都市はまさに都市として完璧な構造をしているのだ。
(写真撮影 大作実氏)
posted by Goro at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記