2008年07月11日

ペルー クスコ タンボマチャイ遺跡

DSC00893s-.jpg

ここは標高3750m。
インカ時代の沐浴場跡で、石壁の間からは常に一定の水量で水が流れている。
インカの人々はサイフォンの原理を利用して水を扱っていたので水源から自由に水路を引いていたと云われているが、どこから水が引かれているのか未だ不明である。

posted by Goro at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ペルー クスコ 郊外にてU

DSC00872s-.jpg

向側の山の斜面に大きく「万歳 栄光のペルー クスコ」と書いてあった。
愛国主義者の宣伝か。
posted by Goro at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記