2008年07月03日

ペルー リマ 旧市街U

CIMG0799s-.jpg

アルマス広場の正面には堂々とカテドラルがそびえている。
こんな風景は南米の何処にでも見られる風景だが、このカテドラルは征服者フランシスコ・ピサロが自らの手で礎石を置いたというペルーで最も古い由緒あるカテドラルだ。
定礎は1535年1月18日、リマ建都の日だ。
現在"ピサロの遺体"とされるミイラが、カテドラルの中にガラスケースの中に安置されているが、真偽のほどは定かでない。
(写真撮影 大作実氏)
posted by Goro at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ペルー リマ 旧市街

CIMG0800s-.jpg

ここはアルマス広場、1535年首都をクスコからリマに移すと決めたフランシスコ・ピサロは、スペインの様式にのっとりアルマス広場を中心に町を築いた。
現在も広場を中心に古い建物が残っている。
正面に見える建物はペルー政庁。
(写真撮影 大作実氏)
posted by Goro at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記