2008年06月16日

アルゼンチン ボカ カミニート U

DSC00755s-.jpg

ボカ生まれの詩人にファン・ディオス・フィリベルトがいる。
彼は数々のタンゴの名作を世に残した。
その中の一つ「カミニート」を不滅のものにしようと、親友で画家のキンケラ・マルティンは国鉄用地を貰い受け路地公園を作った。
それがカミニートだ。
毎週、週末になると画家の卵たちが自分の作品を持って集まってくるという。
posted by Goro at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

アルゼンチン ボカ カミニート

DSC00756s-.jpg

ここはボカの中でも特に名前が知られている「カミニート」。
「カミニート」(小経)の意味からすると、もっと狭い道かと思ったら結構広い。
でも道の長さはたった100m だ。
周りの建物はやはりボカ特有のカラーだ。

posted by Goro at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記