2008年06月13日

アルゼンチン ボカ U

DSC00763s-.jpg

今の港"ダルセナ・ノルテ"ができる前は、ボカ港はアルゼンチン随一の港だった。
19世紀の終わりから20世紀の初めにかけて、ヨーロッパから多くの移民が、夢と希望を乗せてこの港にやってきた。
その数 約320万人というから驚く。
現在の宮城県の人口を超えている。
少子化対策で苦労している日本にとっては羨ましい話だ。
ボカとは河口の意味、この先はすぐに海があるような気がするが、ラ・プラタ河の河口は広い。
この港の水には塩分が無いとのこと。

posted by Goro at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

アルゼンチン ボカ

DSC00748s-.jpg

高い建物もなくカラフルな家屋、何となく19世紀を感じさせる。
ここは有名なボカ地区、昔の港町だ。
posted by Goro at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記