2008年06月11日

アルゼンチン ブェノスアイレス U

DSC00744s-.jpg

ここは"7月9日通り"
7月9日はアルゼンチンの独立記念日である。
この大通りはブェノスアイレスの中心部を南北に走り抜け、また世界一幅が広い道路と云われている。
片側6斜線で、その中心には白いオべりスコが天空を指している。
ブェノスアイレスは"南米のパリ"とも言われ、19世紀の終わりから20世紀初頭にかけて現在の形が出来上がった。
写真は車中から撮影した。



posted by Goro at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

アルゼンチン ブェノスアイレス

DSC00743s-.jpg

ここはアルゼンチンのブェノスアイレス。
真夜中、空路メキシコ・シティを出てチリのサンチャゴ経由で昼過ぎに日本の裏側、ブェノスアイレスに着いた。
アルゼンチン人は体格がいい。
サンチャゴから乗った二人のアルゼンチン人男性は身長190cm 体重100kg位か、私の座っている狭いエコノミークラスの席の両側に座った。
それでサンチャゴからブェノスアイレスまでは圧迫感の連続だった。
空港に降立った時はその圧迫感から開放され、初めて南半球の太陽の陽を浴びた。
posted by Goro at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記