2007年04月03日

オーストリア インスブルック ヘルブリングハウス

gfDSC_0012s-.jpg


”黄金の小屋根”の向側にヘルブリングハウスがある。
インスブルックにおける後期バロック装飾の傑作として知られている。
もともとゴシック様式の民家だったが、1730年ごろにヴェッソブルンナー派の美術工芸家により、その外壁が豪奢なスタッコ装飾で覆われた。

(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

オーストリア インスブルック 市の塔

fDSC_0032s-.jpg


高さ57mの”市の塔”は1360年に旧市庁舎に火の見櫓として建てられた。
当初は屋根が鋭く尖っていたが、1560年に丸屋根に改築され現在の姿になった。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記