2007年03月24日

オーストリア ザルツカンマーグート サウンド・オブ・ミュージック

eDSC_0042s-.jpg


遠くの景色を眺めていたら、何処かで見たような景色に出会った。
そう、1965年に映画化された「サウンド・オブ・ミュージック」のシーンだ。
実はこの作品、ザルツブルクとこの地方を舞台にした実話を映画化したものである。
でも この映画は少しアメリカ寄りに粉飾されている。
そのために地元ではあまり評価されてないらしい。
物語は この地方に住んでいた音楽一家が、最後に自由を求めてアメリカに脱出するという下りである。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」が日本で上映された時は、日本は高度経済成長期で まだ所得は低かった。
とても海外旅行など考えられなかった。
それだけに映画に出てくるシーンは羨望のまなざしで見たものだ。

おっと、車を走らせよう。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記