2007年02月13日

ドイツ ディンケルスビュール 聖ゲオルク教会

dDSC_0001s-.jpg

ディンケルスビュールの聖ゲオルク教会は南ドイツで最も美しい教会といわれている。町の中心マルクト広場にありロマネスク様式とバロック様式が混在するカトリック教会で1499年に建造された。
この教会の塔の壁面(右側の屋根の上部近く)に日時計があるのが見える。
(写真撮影 富澤巌氏)


posted by Goro at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ディンケルスビュール

dDSC_0004s-.jpg


ローテンブルクを南下してディンケルスビュールの町に入った。
ここはフランク王国の王宮の周りに出来た集落が発展して町になった。
中世の町並みがそのままの姿で現存している数少ない町のひとつである。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記