2007年02月01日

ドイツ ヴュルツブルク 聖ヨハニス教会

聖ヨハニス教会.jpg


朝早く私達の泊まったドリント・ホテルの近くを散歩した。
向側の公園を散策していると、特徴的な塔のある教会を見つけた。
聖ヨハニス教会といってプロテスタントの教会だ。
他の旧跡と同様に第2次大戦で焼失たが1953年に再建築した。
posted by Goro at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月02日

ドイツ クレークリンゲン

dDSC_0011s-.jpg


ブュルツブルクを出発してロマンチック街道を南下した。
ローテンブルクに入る手前にクレークリンゲンという人口5千人弱の小さな町がある。
その町から2キロ南に小さなヘルゴッツ教会がある。
この教会は1389年に建立され、1530年には宗派が変り祭壇も忘れ去られていたが1832年に開帳されたという。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ クレークリンゲンU

dDSC00168s-.jpg


ヘルゴッツ教会の正面祭壇はマリア祭壇といい菩提樹製であり、その彫像群は明るく、顔の表情は人々を感動させる巧妙さがある。
posted by Goro at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月03日

ドイツ ヴァィカースハイム

dDSC00174s-.jpg


ヴァィカースハイムは人口8千人の小さな町で周りは葡萄畑で囲まれている。
この町はフランケン地方伯爵と貴族連の居城がある。
マルクト広場を中心に南に市庁舎、東に教区教会、西にヴァィカースハイム城がある。
写真はマルクト広場でピンクの建物が市庁舎。
何かの祭典があり、沢山の人が集まっていた。
posted by Goro at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴァィカースハイムU

dDSC_0029s-.jpg


マルクト広場の市庁舎前で子供のコーラスが始まった。
先生を見ながら一生懸命歌う子供の姿は可愛い。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月04日

ドイツ ヴァィカースハイムV

dDSC_0022s-.jpg


マルクト広場に沢山の人が集まってきた。
音楽にかかわる催しらしく楽器を持っている人も見受けられる。
ヴァィカースハイムには「国際青少年音楽協会」のドイツ支部もあるので、それに関連する行事かも知れない。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴァィカースハイムW

dDSC_0058s-.jpg


マルクト広場入口の城門から教会(東側)を撮影。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月05日

ドイツ ヴァィカースハイム城

dDSC_0037s-.jpg


ヴァィカースハイム城はフランケン地方の伯爵または貴族たちの居城で、外観は大きい居宅といった方がいいかも知れない。
庭の中央に噴水があり庭園は綺麗に整備されている。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴァィカースハイム城 騎士の広間

dDSC00186s-.jpg


ヴァィカースハイム城に「騎士の広間 リッターザール」がある。
この広間の天井は二階分の高さがある。
自国、異国の狩猟場面が描かれた頑丈な格子天井は、鉄鎖で屋根組と繋がれて補強されている。
posted by Goro at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月06日

ドイツ ヴァィカースハイム城 居間 

dDSC_0046s-.jpg


ヴァィカースハイム城内の居間。
完全な形で残されている18世紀当時の室内調度や化粧漆喰細工の素晴らしい居間である。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴァィカースハイム城 寝室

dDSC_0049s-.jpg


ヴァィカースハイム城内の寝室。
このベットを見ていると、アラビアの「千夜一夜物語」の現場にいる様な錯覚に捉われる。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月07日

ドイツ ヴァィカースハイム城 庭園

dDSC_0035s-.jpg


城の庭園 シュロス・ガルテンは幾何学的に整えられた花壇と歩道を始め、古代及び18世紀の宮廷生活からの多数の彫像などにより、遊歩者をバロックの時代へと誘い込む。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴァィカースハイム城 庭園U

dDSC00180s-.jpg


城庭園のシュロス・ガルテンは綺麗に整備されていて、列柱や彫像が美しい。
posted by Goro at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月08日

ドイツ ローテンブルク 市庁舎

dDSC_0065s-.jpg

ローテンブルクはロマンチック街道の中でも特に人気の有る町である。
写真は町のシンボル的存在の市庁舎。
最初の建設は13世紀だが、16世紀に火災で半分が焼失し、そのために広場に面した建物はルネッサンス様式、奥はゴシック様式である。
市庁舎の前の広場はマルクト広場で、いつも賑やかだ。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ローテンブルク 市参事宴会館

dDSC_0063s-.jpg


マルクト広場に面した市参事宴会館は建物の上の方に仕掛時計がある。
この仕掛時計はある伝説的史実にもとずいている。
1631年、30年戦争でこの町を襲撃したカトリック軍のティリー将軍は、町を破壊する前日にちょっとした思いつきから「3.25Lのワインを一気飲み出来る人間がいたらこの町を救おう」と云った。そこで立ち上がったのがヌッシュ旧市長、この無謀とも思える挑戦を受けて立ち、みごとにワインを飲み干して町を救った。
時計の左側がティリー将軍、時計の右側がヌッシュ旧市長。
定刻には窓が開いてワインを飲み干す様子が見られる。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月09日

ドイツ ローテンブルク ブルク公園

dDSC_0069s-.jpg


ブルク公園には1142年、ホーエンシュタウフェン家の城があったが、1356年の地震によって崩壊した。
写真はブルク公園から見た市街地。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ローテンブルク ブルク門

dDSC_0071s-.jpg


ブルク門はブルク公園の入口にあり、そこにある塔はローテンブルクで最も高い塔である。
門の上部には帝国自由都市を表す「双頭の鷲」が刻まれている。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月10日

ドイツ ローテンブルク ブルク公園B   

dDSC00192s-.jpg


ブルク公園は大道芸人もいる人々の憩いの場である。
posted by Goro at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ローテンブルク 街角で

dDSC_0072s-.jpg


ローテンブルクの町を歩いていると、屋根に滑車とロープが付いた家を見つけた。
上の階に物を上げるのに便利だ。

我家にも付けようか? でも、二階建てだから降りていった方が早い。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年02月11日

ドイツ ローテンブルク 聖ヤコブ教会

dDSC_0074s-.jpg


ローテンブルクの主教会 聖ヤコブ教会は竣工までに膨大な年数がかかった。
聖ヤコブ教会内の祭壇の後ろにあるステンドグラスは高さが17メートルもある。

(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記