2007年01月04日

スペイン トレド

aDSC00341.JPG

トレドはマドリッドの南70キロにありイベリヤ半島で最も古い町である。
1561年まで首都がマドリッドに移るまで政治・文化・宗教、あらゆる分野にわたってスペインの中心だった。
セゴビアと同様に三方が川に囲まれて天然の要塞となっている。
ここの支配者は西ゴート王国、イスラム王国、カスティージャ王国と変遷したが、13世紀にはトレドはヨーロッパ最高水準の学問の府となった。
このころトレドには回教徒とユダヤ教徒とキリスト教徒が住んでいた。
お互いに憎しむこともなくこれら宗教の重層文化を形成していった。

posted by Goro at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記