2007年01月22日

ドイツ フランクフルト

cDSC_0017s-.jpg


スイスのチューリッヒから空路2時間ほどでフランクフルトに到着した。
フランクフルトはマイン川のほとりの国際都市だ。
旧市街のレーマー広場に行った。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ フランクフルトU

cDSC_0020s-.jpg


レーマー広場の中央に噴水がある。
この噴水は「正義の泉」という名が付けられている。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月23日

ドイツ フランクフルトV

cDSC_0021s-.jpg


ここが旧市庁舎レーマーで、隣は観光案内所。
屋根の形が階段状になっているのが面白い。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ バンベルクT

cDSC_0008s-.jpg


ロマンチック街道から少し外れているが、バンベルクの町を訪ねた。
ここの大聖堂は神聖ローマ帝国のハインリッヒ2世が1012年に建立した教会で、特徴的な4本の塔がある。
現在のロマネスクとゴシックの混合建築になったのは13世紀以降になってからである。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月24日

ドイツ バンベルクU

cDSC_0014s-.jpg


バンベルクの大聖堂の近くに新宮殿というバロック建築の美しい館がある。
1605年から1611年にかけて造られたというが、増築の繰返しで今の形態になったらしい。
見ると2階と3階の廊下に花が飾られている。
この近くにバラ園もある。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月25日

ドイツ バンベルクV

cDSC_0033s-.jpg


バンベルクの町の旧市街地は世界文化遺産に指定されているが、昔は猟師町だったという。
「水の街」でもあり、風光明媚なこの地域は第2次大戦の戦禍を免れ1000年の町並みがそのまま残っている。
写真はレグニッッ川に架かる橋と対岸の家並を撮影した。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ バンベルクW

cDSC_0034s-.jpg


バンベルクを流れるレグニッツ川にある人工島に旧市庁舎が建っている。
この建物の手前に見えている部分は「伍長の小屋」といい1688年建造である。
ところがこの「伍長の小屋」には土台がない。
前の橋の陰になってその風景は見られないが、建物の下に川が流れている。
奥の建物に寄生している格好だ。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月26日

ドイツ ヴュルツブルク

cDSC_0045s-.jpg


ロマンチック街道の北の起点となるヴュルツベルクは紀元前1000年ごろケルト人が砦を築いたことから町が栄え、今ではドイツ中部の観光都市として賑っている。
またフランケンワインの産地としても有名だ。
写真はマイン川西岸の上に立つマリエンベルク要塞から、川向に広がる町並みを一望して撮影した。
(写真撮影 富澤巌氏)

posted by Goro at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク マリエンベルク要塞

cDSC_0043s-.jpg


この要塞は紀元前1000年ごろケルト人により砦として造られたが、現在のような形になったのは13世紀初頭である。
幾度も建て直したので多彩な建築様式が見られる。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月27日

ドイツ ヴュルツブルク 要塞の入口

cDSC_0046s-.jpg


マリエンベルク要塞には古い城門がある。
この門はシェーレンベルク門という。
その奥に見える塔はキーリアン塔。
(写真撮影 富澤巌氏) 
posted by Goro at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク マイン川から

cDSC_0050s-.jpg


マイン川の辺から、丘の上のマリエンベルク要塞を撮影した。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月28日

ドイツ ヴュルツブルク マイン川からU

cDSC_0049s-.jpg


ヴュルツベルクを流れるマイン川のアルテ・マイン橋の近くに小さな運河がある。
幅は5メートル位で、この辺は緩い急流になっている。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク マイン川からV

cDSC_0048s-.jpg


ここはマイン川に架かる石橋 アルテ・マイン橋である。
この地にかかわる12人の聖人像が橋の欄干に建立されている。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月29日

ドイツ ヴュルツブルク レジデンツ

cDSC_0038s-.jpg


レジデンツは18世紀司教達の住居として建設された宮殿で、総室数は340室ある。
この建物はユネスコ世界遺産に登録されている。
写真はレジデンツとその前に立っている女神像。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク レジデンツU

cDSC_0042s-.jpg


レジデンツの庭園も整備されていて美しい。
(写真撮影 富澤巌氏)
posted by Goro at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月30日

ドイツ ヴュルツブルク 聖キリアン大聖堂

聖キリアン.jpg


アルテ・マイン橋を渡り市街地に入ると正面に聖キリアン大聖堂が見える。
この大聖堂はこの地で殉教した聖キリアンにちなんで名づけられた。
ドイツで4番目に大きい聖堂で、11世紀に建てられたロマネスク様式の建築物である。
けれども第二次大戦で完全に焼失し、現在の建物は1967年に復興された。
posted by Goro at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク 聖キリアン大聖堂U

聖キリアン大聖堂.jpg


聖キリアン大聖堂の聖堂内陣。
中央はキリスト再来像で、フランケン地方の芸術家達によって作られた。
posted by Goro at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年01月31日

ドイツ ヴュルツブルク マリエンカペレ

マリエン・カッペレs-.jpg


マリエンカペレは1481年に建てられた後期ゴシック建築のホール式の教会である。
教会であるが神父がいないため礼拝堂になっている。

posted by Goro at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルツブルク マリエンカペレU

マリエン・カッペレ礼拝堂s-.jpg


マリエンカペレの中央祭壇。
中がとても明るく後方のステンドガラスが素晴らしい。
posted by Goro at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

ドイツ ヴュルクブルツ マリエンカペレV

マリエンカッペレ入口s-.jpg


マリエンカペレのマルクト広場側の入口。
レリーフは「聖母マリアの戴冠式」、その左右はリーメンシュナイダー作の「アダムとイブ」のコピー。
posted by Goro at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記