2006年12月11日

スペイン コルドバ メスキータ

aDSC00173.JPG

この寺院キリスト教なのか回教なのか。
実は最初キリスト教徒のサン・ビセンテ教会を785年にイスラムのアブデラマンT世が買取り3年後に回教寺院として完成させた。その後歴代の王は増築を繰り返した。そして1523年に再びキリスト教の大聖堂が建築され完成したのは1750年である。
従ってイベリヤ半島の民族の支配時期の変遷と それに伴うキリスト教文化とイスラム文化の融合を見ることが出来る。
写真は回教寺院部分の柱で850本あるとのこと。画面が暗いのは回教寺院部分の扉が閉鎖されているため。
posted by Goro at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

スペイン コルドバ 観光馬車

aDSC00167.JPG


コルドバの歴史地区に入ると馬車が待っていた。まるで中世にタイムスリップ。
料金は4人乗りで3000円位だった。
posted by Goro at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記