2006年11月24日

スペイン バルセロナ サグラダ・ファミリア

aDSC00031.JPG


バルセロナで一番有名な建物は「サグラダ・ファミリア贖罪聖堂」だ。
この聖堂を建てようと提唱したのがベルダケールで、1866年に「聖ヨセフ信仰協会」を設立した。
設計したのはバルセロナ建築学校の教授ロザーノで、その時の生徒がガウディーである。定礎式は1882年。建築途中で教会と建築家の意見が合わずガウディーが建築家として任命されたこともある。
現在でも まだ建築の途中である。
写真は現場で下から見上げたところであるが、少し離れた方が外観は美しい。
posted by Goro at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記