2006年11月07日

キューバ ヘミングウェイ 入り江

DSC00085.JPG

入江はとても静か。でも太陽の光は燦々と降り注ぐ。休暇をとって一ヶ月も居てみたい。
このコヒマルの漁村からフロリダ半島の先端まで250キロ、ヘミングウェイはモーターボートで往復したのだそうだ。
なるほどカストロ政権になってから、キューバからの亡命者がタイヤチューブに身を任せフロリダを目指すのも分かるような気がする。
posted by Goro at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ ヘミングウェイ コーヒー店

DSC00086.JPG

ヘミングウェイがよく立寄ったというコーヒーショップがあった。
この近くに「老人と海」の老人が住んでいると言う。その老人は今でも観光に一役買っているそうで、老人の家の前を通過した時に「あっ!奥に座っていた」と言われたが、車が速くて撮影は出来なかった。
posted by Goro at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ ヘミングウェイ 漁村

DSC00087.JPG

ヘミングウェイの住んでいた所はコヒマルという寂れた漁村だった。
写真は一番人通りが多い所を撮影したが、人が数人、車が数台程度。
電柱を見ると50年前の日本の風景を思い出す。小さな村だけど、周囲の建物は何百年の歴史の重みを感じさせる。
posted by Goro at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ ヘミングウェイ 老人と海

DSC00090.JPG

ヘミングウェイの「老人と海」の舞台となったのが このコヒマル。
彼は大変釣りが好きで この港から船を出した。この周囲にはポピュラーな海水浴場が幾つかある。
毎年5月には「ヘミングウェイ国際釣り大会」が開催される。
posted by Goro at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

キューバ ヘミングウェイ

DSC00091.JPG

ハバナから西へ約16キロの所にマリーナ・ヘミングウェイがある。
この地にはヘミングウェイの胸像碑があって観光客は殆ど此処で写真を撮るという。
posted by Goro at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記